衣食住・子育て・自分磨き。四季折々のライフスタイルを綴ります。
by satomix71
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 親離れ、子離れ
2歳のお誕生日を迎えた日、息子は「おっぱい」を卒業しました。



断乳当日
 早朝5時くらいから何度も何度も「あんま」(おっぱい)と言ってくる。
 『当日の朝まではたっぷり飲ませるように』とのことだったので含ませる。

 起床後、『お誕生日おめでとう、これが最後のおっぱいね、もうあんま(おっぱい)
 卒業ね』といいながら最後の授乳。 おっぱいを含む顔が愛しくて涙がこぼれる。

 授乳後、桶谷式の方法に従いおっぱいに油性マジックでお顔をを書く。
 それを息子に見せ、『もうおっぱいに鬼さんがきたから本当にバイバイね』と言う。
 それを見た息子は動揺する事も、恐がることも、面白がる事もなく、
 自然に受け止める。ちょっと拍子抜け。

 昼間は久しぶりに育児サークルに参加したり買い物したりと繁忙だったので
 とくにおっぱいをせがむことはなく、お昼寝の時間になりベッドルームへ。
 いつもだったら一緒に添い寝するだけで「あんま(おっぱい)」と
 甘えてくるが全く気配なし。とにかくハイテンションでずっと笑い転げ眠る気配もなし。
 またまた拍子抜け。
 
 pm04:00、急におとなしくなったとおもったら「だっこ」と甘えてきた。
 「もしや・・・」とドキドキしたものの、おっぱいに触れる事もなく眠い顔になる。
 体勢を変え、正面をむくが(通常の授乳時のだっこと同じ体勢)そのまま
 1分もしないうちに眠ってしまう。こんな眠り方は生まれてはじめて。
 小さいながらもけじめをつけて「卒業」をきちんと受け止めている寝顔に
 またまた涙が溢れる。 離れられないのは大人である私だけ。

 息子就寝タイム。
 「ぱぱとぉままとぉさんにんでねゆの(パパとママと3人で寝るの)」
 と言いながらパパも息子に連れられ(?)親子3人ベッドルームへ。
 お気に入りの「パパ、お月さまとって!」を4,5回リピートした後
 「まだあそびたいの。した、いく?(まだ遊びたいの。下(1階)行く?」
 と少し駄々をこねる。それでも「おっぱい」のことは全く言葉にも行動にも表さず。
 ようやく眠気が来たところで「まま、だっこ」。「もしや・・」とドキドキしたが
 hugするだけでそのまま眠りに落ちる。結局この日は覚悟していた修羅場は全くなかった。
 

 
 
 
[PR]
by satomix71 | 2006-01-29 16:48 | Kids/こども
<<  親離れ、子離れ・2 卒乳2日目~